So-net無料ブログ作成

アンジェリーナ・ジョリー 引退 [芸能人 ]

スポンサーリンク




アンジェリーナ・ジョリー、女優業引退へ 今後は監督に専念!

女優アンジェリーナ・ジョリーが女優業から引退する意向を示したようです。

 アンジェリーナは現地時間9日、主演映画『マレフィセント』のイベントに共演のエル・ファニングと出席。

そこでアンジーは「わたしは今後、監督業に専念したいと思っています。そのために女優業を引退することにしました」と発言した。

 「わたしは演技が好きです。でも、わたしは監督として、ヘアメイクやメイクなしのジーンズ姿で撮影現場に行く方が“家族”の一員になれた気がして、好きなのです」とアンジェリーナ。

女優としてはあと1、2本の映画に出演する予定だと明かしており、その後、監督に専念するものとみられる。

 アンジェリーナのパートナーである俳優のブラッド・ピットも、当時47歳だった2011年に「50歳になったら俳優を引退する」と発言。

昨年12月に50歳を迎えた後もブラッドは俳優として活動しているため、ブラッドよりも先にアンジェリーナが俳優業から退くことになる可能性も出てきた。

 現在38歳のアンジェリーナは1990年代前半に女優デビュー。

1999年の映画『17歳のカルテ』の演技でアカデミー賞助演女優賞を獲得し、以後はハリウッドのトップスターとして多くの作品に出演している。

2011年には『最愛の大地』で監督としてデビュー。

先日には2005年の『Mr.&Mrs. スミス』以来、約10年ぶりにブラッドと新作映画で共演するかもしれないと報じられ、大きな話題になった。父親はアカデミー賞俳優ジョン・ヴォイド。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます